気を付けて!相続する上での注意点

ただ相続すれば良いだけじゃない!相続税のことも考えよう

相続の問題は争いに発展することもあり、知識と事前の準備が大切なものですが、相続税に関しても基本的な知識は必須です。
例えば、相続税の計算方法はご存知でしょうか?相続税は相続する財産の金額が多いほど税率も大きくなり、税金額が増えます。しかも、その相続財産の中には土地や建物の評価額も入りますので、財産が土地ばかりという場合には相続税を納める時に大変なこともあります。
一方で、相続税には基礎控除というものがあり、相続財産からあらかじめ一定の金額を除いた上で相続税を計算することが認められています。つまり、相続財産の金額が基礎控除額以下であれば相続税は支払う必要がありません。
相続税の申告と納税の期限は、被相続人が亡くなった翌日から10カ月以内です。その間に相続財産と金額を確定して手続きをし、相続税を納めないといけませんので、のんびりしていると間に合わないということは覚えていた方が良いでしょう。

相続税対策にはどのような方法がある?

多額の相続税を納めることを避けるために、被相続人が生きているうちに財産を相続人に渡す「生前贈与」という方法があります。
生前贈与にはさらに、「一般贈与」と「相続時精算課税制度」の2つがあり、このうち一般贈与は毎年継続して贈与を行う方法です。贈与を受ける人は子供や孫以外でも誰でも可能で、また、贈与対象者1人につき贈与金額が年間110万円までであれば贈与税がかかりません。
もう1つの相続時精算課税制度は一度に贈与を行う方法で、贈与の対象者が20歳以上の子供や孫に限定されます。贈与金額が2500万円までであれば贈与税がかかりません。
どちらの方法を選ぶかは、税務署に対して申告が必要です。
家族間などで充分に話し合った上で、賢く相続税対策をしたいものですね。