まだ間に合う!相続税のやり方

相続税の手続きはいつから始めるか

相続税の手続きは、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内に完了させる必要があります。そこには申告だけでなく、納税まで含まれます。この期間内に手続きをしなければ、様々な控除を受けることができません。更に、納税をしていなければ延滞税まで加算されるので注意が必要です。ただ、納税に関しては担保があれば分割をすることも可能です。相続をするのではなく遺産放棄を行う場合は、3ヶ月以内に手続きを行う必要があります。このように、相続税には期限が存在します。手続きを忘れていた人は、もう遅いと考えるのではなく気がついた時点で専門家に相談するなどできることをしておく方が良いでしょう。今は相続と無縁の人でも、普段から遺産などについて話し合いをしておけば、いざという時の手続きをスムーズに進めることができます。

相続税に関する手続きの流れ

相続税の手続は、まず遺産を確認するところから始めます。遺産には、現金だけでなく不動産など様々なものが含まれるので、調査をしておく方が良いでしょう。そして、相続人を集め話し合いをしていきます。遺言書があればその通りに遺産を分配していくことになりますが、注意をしなければいけないのが開封です。勝手に開封をするのではなく、家庭裁判所で検認手続をする必要があります。そして、遺産の分配が決まれば申告書を作成し、必要書類を添付した状態で提出をします。作成に対して不安がある場合は、専門家に任せる方が良いでしょう。それによって、正確な申告が可能となります。相続税が発生する場合は、その金額を納税することで手続きは完了です。