知らなきゃ損!相続するときに知っておきたいこと

相続税はみんな払ってるわけではない

親族の方が亡くなって相続が発生すると、相続した財産に対して相続税がかかります。自宅でもその対象になってしまいますし、不動産を多く所有している人でも税金の支払いは原則として現金で行わなければならないので、相続税の支払いは相続人にとって大きな悩みとなっています。ただし、すべての相続で相続税がかかるわけではありません。基礎控除といって、相続が発行しても3000万円までは課税されないのです。また、相続人一人あたり600万円が基礎控除に加算されるため、例えば相続人が妻と子供2人の場合4800万円までは相続税が発生しないことになります。また、この金額を超える場合でも、超えた部分の金額に対して相続税の計算がされます。

遺言を作成する場合の注意点

相続が争族にならないようにと、生前に遺言書を作成する方が増えています。相続が発行すると、残された相続人は財産がどれだけあるかも分からないという状況になってしまい、途方に暮れてしまうケースが多くあります。遺言書をあらかじめ作っておくのは、残された相続人が困らないようにという親心でもありますが、あまり過度に干渉しすぎてかえって相続人である奥さんや子供の反発を招くこともあるので、注意しましょう。ちなみに、遺言書のとおりに遺産分割を行わなかったとしても問題はありません。また、相続人にはある一定の割合の遺産を相続することを主張する権利があるため、実際には遺言書どおりに遺産分割はされないと考えるべきでしょう。